膝の内側に痛みがある。

だんだん太ももまで痛みが出てきた

病院でレントゲンでは問題なかった。

薬を飲めばマシになるが止めると再発する。

等でお困りの方 それは鵞足炎ではないでしょうか?

そもそも鵞足とは何でしょうか?

鵞足は縫工筋・薄筋・半腱様筋が膝の下で

集合して骨に付着する前の腱です。

鵞足が移動する為、適度な張りや疲労で摩擦に耐える

鵞足炎の原因は大腿骨内側上顆の骨の出っ張りの上を

事ができなくなり炎症痛みを引き起こします場合と

縫工筋・薄筋・半腱様筋が機能不全になり3つの筋の

バランスが崩れてバラバラの働き方をして痛みがでる

場合があります。

アスリートに多い他の要因は用具(靴)や路面状況

オーバーユーズなどもございます。

ここでの説明は用具・路面状況は省きます。

付着している筋肉神経からご説明いたします。

縫工筋は腰椎2番~3番 大腿神経から指令

薄筋は腰椎2番~3番 閉鎖神経から指令

半腱様筋は腰椎5番~仙骨2番 坐骨神経から指令

という形ですので、痛みの出ている膝周辺はもちろん

腰骨だけでなく仙骨(体の土台)から施術しないと

効果はでません。

筋肉・腱の部位に痛みがでているので薬やシップは

一時的には効果はでると思いますが対症療法ですので

中止するとまた再発ということを繰り返します。

石津カイロでは鵞足炎の改善に対してその場しのぎの

対症療法ではなく背骨・骨盤の状態だけでなく、膝

足首の状態をも大切にしています。

対症療法のような一時しのぎでは痛み止めと同じで

すぐに不調になり時には無理をして悪化することになり

悪循環になります。

当院で原因から対応することで再発を防止して

本当に改善した膝(鵞足)を取り戻しましょう!!

Facebook