手や肩、首がだるい

マッサージや入浴しても翌日にはもと通り

だんだんシビレのような感じもする

気分まですぐれない。

等でお困りの方それは頚肩腕症ではないでしょうか?

頚肩腕症候群は無理な姿勢や体のねじれ

長時間よくない姿勢での作業により

神経な流れ・筋肉の血流不全などで起こります。

筋肉の血流不全だけなら、マッサージや入浴で

解消できるはずですが、そうでない方は

神経の流れが悪くなっている状態のまま

体を使っていることで回復しにくくなります。

頚肩腕症候群に関連する筋肉は

僧帽筋(C3-4頸椎3番~4番と脳神経副神経)

胸鎖乳突筋(脳神経副神経)

広背筋(C6-8頸椎6番~8番)

菱形筋(C4-6頸椎4番~6番)

等があります。

ここで僧帽筋と胸鎖乳突筋の副神経ですが

呼吸に関連する筋肉ですので脳神経が関与してます。

ということは、頭蓋やストレスに関連いたします。

当院が頚肩腕症候群に対してのケアで大切に

していることは、しんどい、つらい部分だけの

その場しのぎの対症療法だけでなく

しんどいつらい場所も楽になってもらいながら

真の原因、神経の流れ、頭蓋、姿勢などから

施術を大切にしております。

対症療法のような一時しのぎでは痛み止めと同じで

すぐに不調になり痛みだけをコントロールしている為

無理が出来てしまうことで悪化し、悪循環になります。

当院で原因から対応することで再発を防止して

本当に元気な首肩を取り戻しましょう!!

Facebook