足の指の間にピリピリ感や痛みがある。

歩くと痛みやピリピリが悪化する

注射をしたが良くならない。

シューズやインソールを試しても悪化するだけ

このような悩みはありませんか?

これはモートン病と呼ばれるものです。

状態としては、中足骨頭間足底の腫瘍と

深横中足靭帯が神経を圧迫して発症します。

原因は中腰の作業や姿勢不良により

腰部の神経圧迫による、足底アーチの減少に加え

ハイヒールの常用やつま先立ちが多くなり

指が槌指変形を起こし、腫瘍や靭帯が神経を

圧迫します。

足だけ診ても良くならないのは腰部神経の問題も

関連しているからです。

石津カイロがモートン病のケアで大切にしていることは

足底やふくらはぎ周辺の神経筋肉を丁寧に観察したうえで

膝、股関節、骨盤背骨からの状態を神経学的整形外科的

検査を大切に施術を行います。

対症療法のような一時しのぎでは痛み止めと同じで

すぐに不調になり時には無理をして悪化することになり

悪循環になります。

当院で原因から対応することで再発を防止して

本当に改善した足の裏を取り戻しましょう!!

関連語句

中足骨頭間足底腫瘍・深横中足靭帯

内側足底神経・浅腓骨神経(S1) 

長母趾屈筋・長趾屈筋・(L5-S2脛骨神経)

長腓骨筋(L4-S1浅腓骨神経)

母趾内転筋(S2-3外側足底N)-アーチに関連します。

Facebook