背中全体が張っている

背中から腰にかけてつらい

後ろを振り向くと背中が痛い

息をするのもつらい

病院に行っても問題ないと言われ、薬だけわたされた

 

などの症状がでてつらい方は

石津カイロにて背中から腰にかけての問題対策に

施術を受けて改善させませんか?

広背筋・菱形筋・僧帽筋・前鋸筋・横隔膜・胸椎・肋骨などの

筋骨格がこの症状に大きく関係していますが

筋肉は背骨から信号をうけて働いています。

背骨から間違った信号により筋肉や付着している骨の

周辺や関節に痛みが出たりします。

原因を探らず筋肉や症状の出ている骨周辺に対しての

施術だけでは間違った信号を背骨や脳に送り返し

その信号を基にまた間違った信号が返ってくる

悪循環が待ち受けております。

石津カイロでは背中から腰にかけての痛みの改善に対して

その場しのぎの対処療法でなく胸椎・背骨・骨盤の

状態を大切にして神経学的・整形外科的・

カイロプラクティック的検査を

踏まえ適切に安全に楽になって頂きます。

対処療法のような一時的な改善は痛み止めと同じで

薬が切れるとまた不調になり、時には悪化することがあり

悪循環を繰り返します。

当院で原因から対応することで再発防止をして

本当の改善へと患者様を導きます。

関連語句

広背筋(C6-8胸背N) 結節間溝→T6-L5・肋骨9-12

前鋸筋(C5-7長胸N) Lib1-8→肩甲骨上角(内)・椎骨縁下角

菱形筋(C5肩甲背N)

Facebook