足首・足底が膝に及ぼす影響その5      「ケガも防ぎ、さらに速さを手に入れましょう」

回内足がなくなれば、膝から下はまっすぐペダルを踏むことが出来ます。

あの固いソールに耐えることができる足底筋膜があれば

腰・膝・足首と伝わった力が足の裏で逃げずにペダルに伝わります。

また、腰の筋肉を正常にしておくことでサドルと腰との安定が高まり、

軸がしっかりすることで最大限腰回り太ももの筋肉が発揮されます。

カンチェラーラの全盛期を後方からみれば参考になると思います。

骨盤→太もも→脛→シューズペダルが真っすぐでぶれません。

あれは腰回りの安定性(上の安定)と受け止めることが出来る足底(下の安定)

股関節や腰回りのストレッチも必要以上にすると安定性が失われます。

気持ち良いからといってマッサージやストレッチを行うことで

パフォーマンスの低下を起こすこともあるので注意した方がいいです。

マッサージが必要に迫られているという方は、何かトラブルを

抱えているはずですので1度ご相談ください。

関連記事

  1. 足首の捻挫

  2. オーダーメイド○○

  3. 8月の予定

  4. 8月の休診のお知らせ

  5. レントゲン

  6. お盆休み

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 2019.07.06

    マッサージやストレッチをヒルトンの法則で考えてみる。再掲…

  2. 2019.07.05

    7月の予定

  3. 2019.06.03

    6月の予定

  4. 2019.05.16

    足首・足底が膝に及ぼす影響その5      「ケガも防ぎ…

  5. 2019.05.11

    足首・足底が膝に及ぼす影響その4

最近のコメント

2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031