カイロプラクティックの教育

三寒四温とはこのことでだんだん春に近づいてきてやっと自転車に乗る気が

起こってきましたが、一昨日自身の体のメンテナンスに母校に行ってきました。

オプションのようにカイロプラクティックや整体・骨盤矯正などと

書いている治療院には注意してください。

カイロプラクティック教育で問題になっているのは、基礎医学を先にしっかり

カリキュラムを組まず、テクニックや知識(ひどい場合はこの症状はこれで治る)

といったセミナーが大変多いことです、大変これは危険なことです。

なぜならそれに当てはまらない時は間違った施術をするか何もできないです。

間違った施術をするぐらいなら何もしない方がよっぽどましですが、

症状や医学を理解していないと説明もできないので、患者さんの期待に応える

為に、何かして帰ってもらおうとします、それが危険なのです。

それならしっかり説明して病院に行ってもらう、これが正しい判断です。

僕たちは診断というものはできませんが、施術する際に様々な検査を行って

原因を絞っていきます、除外診断です。

その検査から判断するには基礎医学がしっかりしていないと判断できません。

全てを覚えることは不可能ですから、基礎医学があると応用で判断できます。

それを教育された上でカイロプラクティックの施術の教育があります。

半年や一年でできるわけありません、十年一日のように本当になかなか

理解できないし、難しいものです。でもある日気づきそれが繰り返すことで

患者さんを治療する喜びを感じることができます。それくらい大変です。

まずそこからしっかり教育してくれる学校で学んだカイロプラクターに

施術してもらいましょう。

そして、このすばらしい施術を職業にしませんか?

4年という長い期間が必要ですが、がんばってみませんか。

はっきり申し上げて柔整の学校よりはるかに厳しい教育が待ってますが。

国際カイロプラクティックカレッジ、 西日本にある随一の教育機関

http://www.osaka-icc.jp/

関連記事

  1. 日々の状態がパフォーマンスに

  2. とうとう禁断の梅干しに。

  3. 骨盤矯正という無責任な言葉

  4. 駐車場

  5. 1つ1つ背骨の状態をチェックすることの重要性

  6. 背骨の問題から起こる内臓の問題

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 2019.03.09

    背骨の問題から起こる内臓の問題

  2. 2019.03.07

    カイロプラクティックの教育

  3. 2019.02.15

    自転車選手に有用なのは。

  4. 2019.02.02

    節分を控え

  5. 2019.02.01

    2月

最近のコメント

    2019年3月
    « 2月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031