骨盤矯正という無責任な言葉

最近、あちこちの治療院で骨盤矯正などの幟や広告を見かけます。

いつもいつも不思議なんですが、骨盤ってどこまでを矯正するのでしょうか?

骨盤には仙骨・腸骨・座骨なども含まれますが、

大体が腸骨を矯正しているようで横向きに寝てバキッとしたり、

仰向けやうつ伏せに寝ブロックを使ってソフトな骨盤矯正などと言って施術するようですね。

骨盤の高さが違う、ねじれてるなどと立った状態や寝た状態で判断しただけで

行っているなら、大変危険ですね。

正常な人なら、右利きで右荷重なら大体が右の骨盤(腸骨だけど分かりやすいように)が

上がり前方に回転します。それにともなって、寝た状態では足が長く見えます。

見えるだけで実際は棘果長を

測らないと長いか短いかわかりません。それも厳密にはレントゲンで。

反対に左の荷重がかかってない方は下がり後方に回転します。それにともなって寝た状態では

足が短く見えます。荷重が抜けても筋肉の緊張を脳が指示したままなので寝てもすぐにこの

状況は解除されません。

この画像では真っすぐが正常になってますが、真っすぐが異常です。

逆に異常となっている方は、右荷重の方なら正常です。

この骨盤と仙骨の関係を仙腸関節といい、複雑な形状をしております。

だから、上記の現象が起きている人に骨盤矯正することは正しい状態を潰して悪くするだけです。

悪くするだけでなく、矯正(矯悪)することで安定した関節が緩み不安定な関節になりやっかいな

問題を引き起こします、例えば関節が不安定なのをカバーするために筋肉がいつも緊張して

それを緩めるためマッサージ、さらに骨盤が緩み骨盤矯正ってマッチポンプですね。

骨盤矯正(実費)→マッサージ(保険)→骨盤矯正(実費)って、おいおい。

また上記のように正常じゃない骨盤の関係性も多くあります。

でもそれは骨盤が原因でなく、仙骨やその上の腰椎の問題で、骨盤周辺の筋肉の問題を引き起こし

それに伴って骨盤が正常じゃない状態に陥ることもあります、というか大体がこっちです。

当院で骨盤(腸骨)自体を矯正することは10人に1人か2人です。

どっちかといえば動きすぎの関節を持った人が多いから締めるほうが多いかも。

そこのロードバイクで腰が痛くなった人、多いですよね。

整形外科的・神経学的や筋力テストをした上でカイロプラクティック検査を行って判断すれば

そのような結果になってます。もちろんカイロプラクティック検査ではなくてもいいとは思いますが

少なくとも初診では整形外科的・神経学的や筋力テストはしてくださいね。

それもろくにせず「あ、こっちが高いですね、歪んでますね、矯正しましょう」って。

傷害じゃないの??

安易な骨盤矯正の闇について少し書かせて頂きました。

だってしっかり検査して治療してたら、あんな短時間で治療が終わるはずないんですから。

いつまでも同じ治療の繰り返しなら一度ちゃんと説明うけて考えたほうがいいですね。

 

使用イラスト(c)フリーメディカルイラスト図鑑

 

関連記事

  1. 疲労からくる怪我

  2. 医療機関サイトで患者体験談や手記の掲載禁止へ

  3. マッサージやストレッチをヒルトンの法則で考えてみる。再掲

  4. 19年終了

  5. お盆休み

  6. ロードバイクに乗っている人に少し聞いてもらいたい。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 2019.11.14

    19年終了

  2. 2019.11.01

    11月の予定

  3. 2019.10.21

    カイロプラクティック動画

  4. 2019.10.01

    10月の予定

  5. 2019.09.05

    9月の予定

最近のコメント

2018年12月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31