自転車選手の症例1

選手からの許諾を頂いたので、何かの参考になるかと思い報告させていただきます。

一般の方向けですので、簡単に。

28歳 自転車実業団選手 自転車歴10年以上

自転車店勤務、作業、PCなど

落車は多数だが骨折はなし

左ハムの慢性的な張りと肩こり

ハムです。

腸腰筋です。

左腸腰筋と大腿四頭筋の筋力テストでやややや低下。左股関節内旋可動域亢進

両足挙上テスト陽性左回旋のバレリューテスト陽性

などが、目立った検査結果

左腸骨、腰椎、頚椎、距骨にカイロ検査で陽性。

腰椎のアジャストで、筋力検査とDLR陰性になりました、これは支配神経の根本の圧迫を解放した為です。

再度検査し、立位での距骨が陽性でしたので、矯正しハムストリングの張が治ったため、その日は、終了しました。

バレリューは、陰性に変化していた為、次回再度検査のうえ、頚椎の処置を検討することとしました。

その後、練習でも左下肢をしっかり安定して使える為、ハムストリングだけの異常な張や、回復しないことは少なくなったことから、継続してのトレーニングが可能となりました。

現在もコンディション維持の為二ヶ月に一回の定期的なセッションをしております。

その後の経過についてはまた。

このセッションでは、念密な検査と、的確なアジャストメントで、機能回復を実感していただきました。

マッサージ等でなかなか結果が思わしくない方は、一度ご相談ください。

関連記事

  1. 湿布とか鎮痛剤とか。

  2. WHOガイドラインについて

  3. 医療機関サイトで患者体験談や手記の掲載禁止へ

  4. 19年目

  5. 11月の予定と18年やってきて思うこと。

  6. 8月の休診のお知らせ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 2018.11.15

    19年目

  2. 2018.11.08

    駐車場

  3. 2018.11.05

    自転車選手の症例1

  4. 2018.11.02

    ディスクロード

  5. 2018.10.31

    ロードバイクに乗っている人に少し聞いてもらいたい。

最近のコメント

    2018年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930