ディスクロード

最近走りに行くと、

ちょこちょこディスクロードはどうですかと、聞かれます。

もちろんガチの人には聞かれません、体形で判断されてると思います。

ガチな人は置いといて、僕のようなゆるポタだが

Gear好きの人間には気になってると思います。

以前は全く必要ないと思ってました。

①ロックが掛かるほどのストッピングパワー

→9100でいつもロックかけてました。

②重いのかな

→基本体重95kgです、機材も金属フレームですから

③リムの摩耗が気にならない、リムが軽くなる。

→飽きっぽいのでリムが摩耗するまで乗ったことありません。

リムも太くなってるので思ったほど軽くなってません。

ディスクブレーキの為スポークが増えてます、ハブが重くなってます。

④油圧だとメンテの回数が減る

→基本自分でやらないので意味ありません。

上記から新しいフレームもキャリパーで行くつもりでした。

が、しかし、数人でロングライドに連れて行ってもらった時に、

①僕の体重だと先頭出ない限り前に追いつくので下りでずっとブレーキ必要。

後半、腕パンパン。

②ローターにあたりが付いてくるとコントロールしやすいし、ロックも思ったほど

掛からずにすうっとー止まる感じがしていい感じついでに手も楽^^

これで考え変わりました。道中「ディスクなんて要りませんよ」っと言ってた

みなさんすみません・すみません。

他には

③リムもこれからカーボンでいろいろ出てきて楽しそう^^

④確かにダイレクトマウントブレーキでない限りちょこちょこブレーキいじらなくていいし

ワイヤー伸びもなくて店に持っていくこともなくてもっと楽 di2だとほんと何もない。

ってことから、次のロードはディスク・Di2にする予定です。

関連記事

  1. マッサージについて

  2. 日々の状態がパフォーマンスに

  3. 足首・足底が膝に及ぼす影響その2

  4. ケアの費用

  5. ロードバイクに乗っている人に少し聞いてもらいたい。

  6. リンパ活性テクニック

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 2019.08.14

    臨時休診のお知らせ

  2. 2019.07.31

    8月の予定とカード決済の対応

  3. 2019.07.06

    マッサージやストレッチをヒルトンの法則で考えてみる。再掲…

  4. 2019.07.05

    7月の予定

  5. 2019.06.03

    6月の予定

最近のコメント

2018年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930