いつも同じ処置

先日、母の友人に肩の痛みについて相談されました。

家に遊びに来た時に僕を見かけて声を。

「肩が痛くてあがれへんねん。どんどん悪なってるねん」

検査したところ肩関節の問題より神経的な問題と判断。

「病院に行ってるの?」

「大分前から〇〇整形外科でマッサージしてもらってる。」

「いつも同じマッサージ?検査やマッサージのやり方に変化はある?」

「いや、いつも同じで、検査は半年前の初診の時だけ」

「他所でも診てもらったら」「診てもらわないとあかんかな?」

そりゃあかんやろ、半年も延々と同じ処置して症状どんどん悪化してるのでしたら

セカンドオピニオンを考えてよ。

もちろん回復までに半年かかる、いやもっとかかる時もあります。

それだときっちり患者さんに説明して納得して治療を続ければいいです。

しかし今回は患者さんも治療者側も何も考えずに延々と同じことを。

実はこういったことはよく耳にします。

いつも接骨院でマッサージしてもらってる、いつも寝る前にストレッチする。

なぜ?って考えないの?なぜいつもマッサージ・ストレッチ必要なの?

面倒と思わずに一度なぜって考えて、行動してください。

意外となにも考えず、同じことばかりルーティーンワークしかしない、

施術者もいますよ。

患者さんも考えましょう。

関連記事

  1. 自転車選手の症例1

  2. 8月の予定

  3. GWの予定

  4. 初診時カルテの作り直し

  5. 足首・足底が膝に及ぼす影響

  6. カイロプラクティックと回復

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 2019.09.05

    9月の予定

  2. 2019.08.14

    臨時休診のお知らせ

  3. 2019.07.31

    8月の予定とカード決済の対応

  4. 2019.07.06

    マッサージやストレッチをヒルトンの法則で考えてみる。再掲…

  5. 2019.07.05

    7月の予定

最近のコメント

2018年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031