キムチの作り方

我が家は、味噌と糠漬け、キムチなどの発酵食品で

なおかつ高頻度で食するものはなるべく自作するように

しております。

味噌に関しては適当にやってれば材料さえよかったら

なんとかなったんですが、キムチに関してはなかなか

うまくいきませんでした。

健康のことを考えて、砂糖をほとんど入れなかったり

うまみ成分を少なくしたらおいしくなかったので

患者さんにもあまり、お勧めできませんでした、が、

今回のはぼちぼちおいしくできたのでご紹介したいと

思います。

大体これからの量はヤンニョンってのが3.5kgできます。

白菜で約7玉ぐらいです。

水 400㏄         ①
粉(白玉や小麦粉)  200g ①
牡蠣の燻製の粉末  大3  ①
ガピ        大1  ①
いりこ       適当 ①
砂糖        400g ①
はちみつ      100g ①
ナンプラー     100㏄ ①

りんご       2個  ②
果物の缶詰     半分 ②
ニンニク     ひと房 ②
しょうが    1ブロック ②

あみつけ      1㎏  ③

韓国産唐辛子    400g ④

①でだしをとり、①の粉と砂糖を入れてよく溶かして

糊をつくります。

だしガラは②と一緒にミキサーにして、よく冷ました
①の糊と混ぜておきます。

それに③を入れて、④の唐辛子を少しずつ混ぜたら

完成です。

これを熟成させて、

4%の塩水で1日つけて、2回ほど流水で塩抜きして

丸一日天日干しした白菜を用意。

お好みの量の千切りした大根・人参・玉ねぎを

塩で水分を出して、ヤンニョンに混ぜて

白菜にぬりぬりしたら完成、翌日には食べれます。

ただこの製法だと酸っぱいのが苦手な人は無理かも。

その人は天日干しを省いたら大丈夫だとは思います。

よかったら一度チャレンジしてください。

素人の作り方ですので、体調が悪くなっても当方としては

責任もてませんので、自己責任で楽しんでください。

関連記事

  1. 年末年始の予定

  2. ご予約の遅刻に関しまして。

  3. オフシーズンの見直す機会に初診料無料

  4. 東京出張による休診のご案内

  5. マッサージについて

  6. 9月の予定

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 2019.04.18

    東京出張による休診のご案内

  2. 2019.03.09

    背骨の問題から起こる内臓の問題

  3. 2019.03.07

    カイロプラクティックの教育

  4. 2019.02.15

    自転車選手に有用なのは。

  5. 2019.02.02

    節分を控え

最近のコメント

    2018年6月
    « 5月   7月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930