ギックリ腰と脳

ギックリ腰と脳と書くと、まったく関係ないように

思えますよね。実はこれがすごく関連してるんです。

脳は硬膜やくも膜、軟膜に包まれています。

 

 

 

 

 

この硬膜が実は、下は仙骨(尾骨)につながってます。

 

 

 

 

ギックリ腰の多くや仙腸関節不安定症では

仙腸関節がすごく不安定になっています。

という事は、仙骨が動きすぎます。

となると、上側の脳を包んでいるところも引っ張られたり

緩めたり。物理的に大変ストレスがかかります。

脳の機能低下、自律神経失調・精神的なストレスにつながります。

ここまで書けば、仙骨の安定性の重要性がご理解されると思います。

ギックリ腰や仙腸関節不安定症を、痛みが治まったら

大丈夫というような安易な考え方は、ぜひ捨てましょう。

関連記事

  1. 3月の休診日のお知らせ

  2. セミナー受講歴

  3. 10月の予定

  4. マッサージやストレッチをヒルトンの法則で考えてみる。

  5. 自転車選手の症例1

  6. 医療機関サイトで患者体験談や手記の掲載禁止へ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 2019.02.15

    自転車選手に有用なのは。

  2. 2019.02.02

    節分を控え

  3. 2019.02.01

    2月

  4. 2019.01.19

    左右均等という罠

  5. 2019.01.12

    症状と原因を問診と検査で。

最近のコメント

    2017年12月
    « 11月   1月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031