リンパ活性テクニック

先週末3日間お休みをいただいて、懐かしい南船場で

PCOM主催 OSTEOPATHIC COLLEGE OF ONTARIO (OCO)

Lymphatic Activation Technique

Dr. Steven Sanet, D.O.来日していただいて

リンパ活性テクニックのセミナーに参加してまいりました。

リンパに関しては興味があったものの、あまりよいイメージは

持っておりませんでした。

が、神経関節機能障害だけでは理解できない症例が以前からあったもので、

リンパというものをA.T.Still 先生の考えていた哲学とともに学びたかったので

Dr.Sanet,D.Oのセミナーを受けてまいりました。

やはり3日間で常々Drが仰ったことは、「自分で感じなさい」

「自分なりのやり方を考えなさい」「オステオパシーは科学・芸術・哲学」

この三点でした。簡単なようで一番難しいことではあるがこれができれば

禁忌症を除いたいろいろな患者さんに対応することができます。

3日間でリンパの大きな考えから流れはつかめたことは大きな収穫でした。

最後に、Dr,sanet 山端先生 山端マネージャー、参加者の皆さん

3日間大変お世話になりました。次回のセミナーでもまたよろしくお願いします。

 

関連記事

  1. オステオパシー

  2. 神経の学習・可塑性

  3. 足首の捻挫

  4. 初診時カルテの作り直し

  5. 18年目

  6. 本年の営業は終了いたしました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 2018.08.06

    いつも同じ処置

  2. 2018.08.05

    5周年

  3. 2018.08.03

    8月の予定

  4. 2018.07.24

    お盆休み

  5. 2018.07.22

    オステオパシー

最近のコメント

    2017年12月
    « 11月   1月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031